【海外豆知識】「OK」の由来、使い方を知ってコミュニケーション力を高める

「OK」の由来を知ろう

何の間違い?

OK!」をたまに「ケーイ!」と下の名前で呼ばれていると勘違いするワタナベです。
普段からよく聞き、使われているOKの二文字の由来をご存知ですか?
All Correct
です。
は?と思われる方もいると思いますが、ボストンの新聞社がこのAll Correctを間違えてOll Korrectと書いたために、OKが生まれました。
その後第7代アメリカ合衆国大統領のアンドリュー・ジャクソン氏が同じミスをしたことから急速に早まったと言われています。

OKの使い方にはご注意を

日本では、「了解」「分かった」と前向きな意味で使われています。
しかし英語圏では言い方は場合によっては、「悪くない」「まあまあ」など許容範囲ではあるが否定の意味も含んでいます。
例えば「How are you today?」と聞かれ、「I‘m okay」と答えたら「まあまあ」と快調じゃない意味が含まれます。
言い方一つではふてぶてしさも伝わるかもしれませんので、ご注意を。

ちなみにNGは和製英語

OKの反対でよくNGと見かけると思いますが、これは和製英語です。
英語圏の人がNGということはありません。
Not Good」といいます。
NGと言っても怪訝な顔をされますので、ちゃんと略さずに言いましょう。


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス
営業部 企画開発課
ワタナベ ケイ


大阪府出身。
父親の仕事の関係で、小学校年生の夏休みから渡米。
3年半コネチカット州に住み、その後引越し、年半ミシガン州に住む。
帰国後は、大阪のインターナショナルスクールに通う。
日本の大学を卒業し、様々な職種に就き、エスプールロジスティクスに至る。

関連記事

【海外豆知識】「I had an accident」とはの画像

「I had an accident」とは

事故=Accidentです。”I had an accident”というと、「事故にあいました」と訳すと思います。しかし、これは微妙な訳です。「事故にあう」だけではありません。どういう意味なのか、また「事故にあう」を伝える正しい英語を是非。
【海外豆知識】「What is your hobby?」には少し注意の画像

「What is your hobby?」には少し注意

学校で「趣味はなんですか?」と聞くときに”What is your hobby?”と習うと思います。しかしこれは、少し誤った英語です。なぜ誤っているのか?正しくはどう訳すのか?をご説明いたします。
【海外豆知識】挨拶の使い分けの画像

挨拶の使い分け

Hello, hey, hiなど挨拶にはいろいろあります。挨拶の基本ではありますが、使い分けを習うことはあまりありません。アメリカではどう使い分けているのか、また日本では習わない挨拶とその返し方を書きました。ぜひ渡米した際はお役立てください。