間違いだらけの通販英語|「これひとつに凝縮」を英語で言うと?

【Lesson.02】「これひとつに凝縮」を英語で言うと?

(Google翻訳)  × Condensed one by one

(ネイティブ翻訳)○ The products that satisfy all the customer's needs. / Customers Satisfaction Guaranteed.

解説

この英訳は難しい!いつまでも有ると思うな親と金、頼りはいつもGoogle翻訳。
早速調べてみる。Condensed one by oneこのクイズのほうが難しい。
とは言え乗りかかった舟。舟は出てゆく煙は残る。可能な限りの和訳に挑戦する。

(1)ひとつずつ濃縮された
残念、英語和訳力不足につき、本日休暇をとります。(新しい働き方改革)。
待て、そもそもcondenseとはナンダ?Merriam Webster Dictionaryによればmake it denserとなんともそっけない説明がある。
意味がわからないときは例文を見よ、母校恩師松村先生の教えである。

(A) The information is collected and then passed on to the CEO in condensed form.

(B) Moisture in the air condenses to form tiny drops of water.

なるほど、(A)からは沢山の情報を「要約」、(B)は湿気が水滴に「凝縮」変化することである。
要するに雑多で大きなものが収縮して濃度を増すことである。

掲題「これひとつに凝縮」は確かにcondenseが該当しそうである。
しかし、やはりcondense one by oneが正しく意味を伝えているかといえばAbsolutely Absolutely No.である。

迷ったときは「原典」に戻る。これもまた松村先生の教えである。

これひとつに凝縮」という表現で何を意味したいのか。
ある商品が顧客のさまざまなニーズに応える」という意味だとすれば、以下の様な翻訳でその目的を達することができると思う。

(1) The products that satisfy all the customer’s needs.

客観的な表現。

(2) Customers Satisfaction Guaranteed.

「御気に召さなければいつでもお返し下さい。」フーテンの寅さんの呼び込み作戦。 

英語の翻訳をする前に、日本語をじっくり考えてみることが肝要。字句を翻訳するのではなく「何を言いたいか」を考える。その後、こういう場合には英語ではなんと言うかを考える。そうすれば、英語レベルの差異は多少あるにせよ通じる英語に翻訳可能である。

執筆者プロフィール

今井 卓実

株式会社エスプール
顧問 今井 卓実 

【経歴】
慶応義塾大学文学部卒業後、近鉄航空貨物株式会社(現近鉄エクスプレス)に入社する。1976年、米国法人Kintetsu World Express(U.S.A.),Inc.に出向し、以後米国に移住して、達意の英語を駆使して営業活動を行なう。1987年日本本社に帰任し、本社国際部・経営企画部に配属される。1996年、再度、近鉄エクスプレス米国本社に赴任し、総務・人事・法務担当取締役に就任する。2007年、同社を退職後、現在に至る。滞米生活30年。

関連記事

間違いだらけの通販英語|「体内環境を整える働き」を英語で言うと?の画像

【Lesson.06】「体内環境を整える働き」を英語で言うと?

この英語訳を理解できる人がいれば天才である。一語一語の日本語を順次英語に置き換えてゆくとこういう翻訳になってしまう。翻訳した本人にも意味がわからないに違いない。まず、「良い体内環境」とは何のことだ。「体内環境」をinner circulation(体内循環)と言い換えるとこれは循環器系統のことだと理解できるだろう。
間違いだらけの通販英語|「小じわ」を英語で言うと?の画像

【Lesson.05】「小じわ」を英語で言うと?

直訳代表例として面白い。ちなみにwrinkle をWebsterで調べると:small line, fine lineなどの説明がある。Small wrinkleはsmall small lineとなってしまい。美しい美人、犬の秋田犬、というのに等しい。
間違いだらけの通販英語|「お肌に負担を掛けずに」を英語で言うと?の画像

【Lesson.04】「お肌に負担を掛けずに」を英語で言うと?

わからぬでもない。しかしながらstrainは「強く引っ張る」や「限界まで引っ張る」という意味をもつから、顔の肌を引っ張っているイメージを喚起させる。問題は「負担」であるが、肌にとっての負担であればやはり”stress”が適当かと思われる。