【New York Almanac Vol. 01】ニューヨークの春と梨の花

【New York Almanac Vol. 01】ニューヨークの春と梨の花

歌謡曲「リンゴ追分」は1952年5月1日発表、美空ひばり15歳、初期の代表作である。

「りんごの花びらが。。。。」

東北の長い冬の後に訪れる春の躍動が歌謡曲独自のメロディーの中にもの悲しく歌い込まれている。
ひばりの天性によるものだと言ってしまえばそれまでだが、
これほど強く美しい日本の季節感情をうたった歌謡曲を私は知らない。

ニューヨークの並木道

私が二十年間ほど住んでいたニューヨーク郊外ロングアイランドの春の訪れは
この「リンゴ追分」の情景を彷彿とさせる。
初春に白い花が町のいたるところに咲く。
花はりんごではなく梨の木である。
仕事からの帰途、高速道路を降りて自宅に向かって北に走るのだが、
出口から沿道には約半マイルほど並木道が美しい。
この並木がまっ白の花を咲かせると町に春がやってくる。
やがて消えてなくなるころ、
レンギョウが黄色く町を彩り、ソメイヨシノや山桜が咲き乱れ、ハナミズキがポット短く咲いて本格的な春が到来する。
そして、木々の葉は日増しに緑を濃くしてゆく。
さて、ニューヨークの春ということでこのエッセイを書き始めたのだが、話が日本の東北地方にそれてしまった。

 

ニューヨークと東北

後年、なぜニューヨーク、春、東北、「りんご追分」がほとんど脅迫的に自分の中で一緒になるかを考えて見た。
ニューヨークを地理的に見てみると緯度は秋田県に位置し、気候は青森県に似ていると統計にある。
植物にとっては、ニューヨークも東北も同じことになる。
植物は同様の環境下で同様の育ち方をするというただそれだけのことなのである。
ニューヨークの春を肌に感じながら東北の自然を舞台にした歌謡曲を惹起し
そこに引き込まれてゆくのはこの自分の中にある自然性によるものだという「大げさな哲学」を確立して納得した。

もうひとつ、この歌と私のニューヨークを結びつける確かなものがある。
1952年という年である。
この年の一年前、すなわち1951年に連合国と日本との間に
サンフランシスコ講和条約が締結され、日本は国として独立を勝ち取った。
”Under the occupation of the U.S.A. ” 時代の終焉を迎えたのである。
日本国民は希望に燃えていたはずである。
美空ひばりの歌う「りんご追分」は占領国家日本への決別の歌であると同時に独立国家誕生への頌歌となっている。

決意

個人的にいえば、私がある運輸会社の駐在員として最初にニューヨークに赴任したのは1976年夏のことである。
時はオイルショックの時代で仕事も個人的生活も苦境を強いられた記憶がある。
しかし当時、僕らには大きな自由と夢があった。国家としての自由独立は先人の努力によってある程度完成していた。
僕らは仕事を通していつかアメリカのような国になって見せる。会社もアメリカの同業者をしのぐほどに成長させる。
僕らの意気込みと夢だけは大きかった。

そして、春になると今も「りんご追分」の歌を思い出す。

 

執筆者プロフィール

今井 卓実

株式会社エスプール
顧問 今井 卓実 

【経歴】
慶応義塾大学文学部卒業後、近鉄航空貨物株式会社(現近鉄エクスプレス)に入社する。1976年、米国法人Kintetsu World Express(U.S.A.),Inc.に出向し、以後米国に移住して、達意の英語を駆使して営業活動を行なう。1987年日本本社に帰任し、本社国際部・経営企画部に配属される。1996年、再度、近鉄エクスプレス米国本社に赴任し、総務・人事・法務担当取締役に就任する。2007年、同社を退職後、現在に至る。滞米生活30年。

関連記事

アメリカ駐在30年 Ted Imai のニューヨーク Almanac|独立記念日の花火の画像

【New York Almanac Vol. 06】アメリカのビール

れがどうしたと問われると応えに窮するような1970年中葉の個人的な話である。Philadelphia, PA.(ペンシルバニア州、フィラデルフィア)の30th Street Station (30丁目駅)でニューヨーク行きの列車を待っていた。出張の帰りであると思う。
アメリカ駐在30年 Ted Imai のニューヨーク Almanac|独立記念日の花火の画像

【New York Almanac Vol. 05】Fire work of July 4th 「独立記念日の花火」

アメリカの花火といえば7月4日、独立記念日である。その日は全米中どこの町でも川、海、(なぜか)ゴルフ場、などで、暗くなる頃、どーんという地響きを伴って第一弾があがる。東海岸では夏時間の8時から8時半頃になる。
アメリカ駐在30年 Ted Imai のニューヨーク Almanac|アル・カポネの時代とその周辺の画像

【New York Almanac Vol. 04】アル・カポネの時代とその周辺

アル・カポネ、本名 Alfonse Caponeといえばアメリカの代表的ギャング。東映の名作「昭和残侠伝」の高倉健さん風にカポネが仁義を切る。時は1921年頃、場所はシカゴ・ダウンタウン。「手前、名前の儀はアルフォンス・カポーン。