【海外豆知識】寒さに強い白人、弱いアジア人。その違いとは?

アメリカ人をはじめ、白人は寒がらない

アメリカ時代に暖炉で、無駄に学校のプリントを燃やしていたワタナベです。
提出するはずだった宿題も燃やして先生に怒られました。

日本人やアジア人は暖かさを溜められない

白人にくらべてアジア人は「暖かさを溜められない」身体をしています。
脂肪細胞や骨格から成る筋肉量が違うためだと言われています。
また赤血球の多さもアジア人に比べて多いといわれています。
赤血球が多いと血液の比重大きくなり、蓄熱量が高くなります。

冷点も違う

冷点とは、文字通り寒さを感じる皮膚の感覚点を指します。
アジア人はこの冷点が白人より多いとされています。
以上の二つから冬場の生地少ない格好頷けると思います。

ファッション文化

アメリカの北の地域はかなり寒いです。
自分の住んでいたミシガン州は雪が1メートル以上積もったりします。
そんな中半袖はさすがにいませんでした。
ただTシャツの上にダウンやフリースジャケットのみという猛者はいました。

防寒着を買う上で、「フード」の存在を一番大事にしています。
雨雪を防ぎ、寒風からも防いでくれるフードはなくてはなりません。
なので、フード付きの防寒着に半パンといったファッションセンスの持ち主もいます。


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス
営業部 企画開発課
ワタナベ ケイ


大阪府出身。
父親の仕事の関係で、小学校年生の夏休みから渡米。
3年半コネチカット州に住み、その後引越し、年半ミシガン州に住む。
帰国後は、大阪のインターナショナルスクールに通う。
日本の大学を卒業し、様々な職種に就き、エスプールロジスティクスに至る。

関連記事

【海外豆知識】「I had an accident」とはの画像

「I had an accident」とは

事故=Accidentです。”I had an accident”というと、「事故にあいました」と訳すと思います。しかし、これは微妙な訳です。「事故にあう」だけではありません。どういう意味なのか、また「事故にあう」を伝える正しい英語を是非。
【海外豆知識】「What is your hobby?」には少し注意の画像

「What is your hobby?」には少し注意

学校で「趣味はなんですか?」と聞くときに”What is your hobby?”と習うと思います。しかしこれは、少し誤った英語です。なぜ誤っているのか?正しくはどう訳すのか?をご説明いたします。
【海外豆知識】挨拶の使い分けの画像

挨拶の使い分け

Hello, hey, hiなど挨拶にはいろいろあります。挨拶の基本ではありますが、使い分けを習うことはあまりありません。アメリカではどう使い分けているのか、また日本では習わない挨拶とその返し方を書きました。ぜひ渡米した際はお役立てください。