【海外豆知識】日本語の意味が同じ英単語SeeとMeet

似た英語SeeとMeet

日本で習う「be動詞」「to不定詞」を全く理解出来ないワタナベです。
すべて感覚です。ただ和訳をする仕事を頂いてから、改めて覚えるものも多いので是非一つ紹介させてください。

似た英語のニュアンスの違い

英和辞典を引くと似たような英語が出てきませんか?
例えば”See”と”Meet”。
See = 会う
Meet = 会う
一言で括ると「会う」ですが、少しニュアンスが異なるので覚えておいても損はありませんので是非。

Meetの場合

違いは、Seeは以前にもその人に会ったことがある際に使います。
一方Meetは初めて会う際に使うことが多いです。
“Nice to meet you”(初めまして)
“I want to meet your fiancé”(あなたの婚約者に会ってみたい)
と以前会ったことがない場合に使われます。

Seeの場合

Seeの例で、
“Good to see you again”(また会えてうれしいです)
“I am going to see my friend tonight, wanna come?”(今晩友達と会うけど、一緒に行く?)
と二度目以降の顔見知りに使われます。
Seeは他にも「見る」「気づく」などの意味もありますが、初めましてではない時に使うのは“See”だと覚えておけば、英語圏の方に注意されずに済むので、頭の片隅にでも置いておいてください。


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス
経営統括本部 企画開発課
ワタナベ ケイ


大阪府出身。
父親の仕事の関係で、小学校年生の夏休みから渡米。
3年半コネチカット州に住み、その後引越し、年半ミシガン州に住む。
帰国後は、大阪のインターナショナルスクールに通う。
日本の大学を卒業し、様々な職種に就き、エスプールロジスティクスに至る。

関連記事

【海外豆知識】「I had an accident」とはの画像

「I had an accident」とは

事故=Accidentです。”I had an accident”というと、「事故にあいました」と訳すと思います。しかし、これは微妙な訳です。「事故にあう」だけではありません。どういう意味なのか、また「事故にあう」を伝える正しい英語を是非。
【海外豆知識】「What is your hobby?」には少し注意の画像

「What is your hobby?」には少し注意

学校で「趣味はなんですか?」と聞くときに”What is your hobby?”と習うと思います。しかしこれは、少し誤った英語です。なぜ誤っているのか?正しくはどう訳すのか?をご説明いたします。
【海外豆知識】挨拶の使い分けの画像

挨拶の使い分け

Hello, hey, hiなど挨拶にはいろいろあります。挨拶の基本ではありますが、使い分けを習うことはあまりありません。アメリカではどう使い分けているのか、また日本では習わない挨拶とその返し方を書きました。ぜひ渡米した際はお役立てください。