【海外豆知識】直訳OKな英語と日本語の言い回し。My phone is dead/Book worm/Where were we?/The tip of the iceberg/Pay attention などなど

似ている日本語と英語の言い回し

似ている言い回し

黒人の前でエスプレッソを飲んで「苦っ」と言って怒られたワタナベです。差別用語に聞こえたそうです。ちなみに元野球選手の新庄さんも経験したことがあるそうです。
日本語の独特の言い回しかと思いきや、英語でも同じ言い回しがあります。それをいくつか紹介します。
英語:「My phone is dead」
日本語:「携帯電話が死んだ」
携帯電話の充電がなくなったときに使う言い回しですが、このように直訳で通じる言い回しが存在します。

直訳で伝わる

他にも、「Book worm」とありますが、わかりますか?
そのままですが、「本の虫」です。まったく同じです。

話が中断して、戻るときに「(話は)どこだったっけ?」とたずねると思います。
そのときは、「Where were we?」となります。

フォーマルな場でも使える

「死んだ」は砕けていますが、フォーマルでも使える言い回しがあるので、是非覚えておいても損はありません。
「The tip of the iceberg」も「氷山の一角」となります。
「Pay attention」も「注意を払う」と直訳です。
色々ありますが、覚えやすい英語の一部です。これでもまだ氷山の一角なので、是非色々ご自分で見つけてみてください。


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス
営業部 企画開発課
ワタナベ ケイ


大阪府出身。
父親の仕事の関係で、小学校年生の夏休みから渡米。
3年半コネチカット州に住み、その後引越し、年半ミシガン州に住む。
帰国後は、大阪のインターナショナルスクールに通う。
日本の大学を卒業し、様々な職種に就き、エスプールロジスティクスに至る。

関連記事

【海外豆知識】勘違い英語集の画像

勘違い英語集

日本語から英語に訳すときに学校で習ったことや、直訳でも現地の方からするとイラっとさせたり変に思われたりする言い回しがあります。学校では教えてくれない、そのいくつかをご紹介していきます
【海外豆知識】「What is your hobby?」には少し注意の画像

「What is your hobby?」には少し注意

学校で「趣味はなんですか?」と聞くときに”What is your hobby?”と習うと思います。しかしこれは、少し誤った英語です。なぜ誤っているのか?正しくはどう訳すのか?をご説明いたします。
【海外豆知識】「I had an accident」とはの画像

「I had an accident」とは

事故=Accidentです。”I had an accident”というと、「事故にあいました」と訳すと思います。しかし、これは微妙な訳です。「事故にあう」だけではありません。どういう意味なのか、また「事故にあう」を伝える正しい英語を是非。