【海外豆知識】兄弟姉妹の言い回しは単純です。

兄弟姉妹はBrother & Sisterのみ

兄弟構成は姉と妹のワタナベです。弟が欲しいと母親に良くねだっていたそうです。
それはさておき。

アメリカは日本ほど上下関係がない

アメリカは誰に対してもフラットな文化です。
尊敬語・謙譲語・丁寧語は存在しません。
もちろん丁寧な言い回しはありますが、あまり堅苦しくはありません。
ビジネス上の上下はありますが、
プライベートではそんな垣根を感じながら話す人はあまりいません。

年齢を気にしていない

日本は年齢を気にする・関心があるのが普通ですが、アメリカはありません。
ですので、紹介のときに「Brother」「Sister」とだけ伝えます。
その方が年上なのか年下なのかを明確に表現しません。

もし気になるのであれば

もし相手の兄弟構成が気になるのであれば、聞いても問題ありません。
その文化がないというだけであって、決してタブーではありません。

仲良くなると

「Bro!(ブロー!)」などと相手を呼んでいる場面に出くわすかもしれません。
これは必ずしも兄弟ではなく、仲良い相手への愛情を込めた「兄弟!」という意味です。
そう呼ばれる人間ができるとうれしいものですよ。


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス
営業部 企画開発課
ワタナベ ケイ


大阪府出身。
父親の仕事の関係で、小学校年生の夏休みから渡米。
3年半コネチカット州に住み、その後引越し、年半ミシガン州に住む。
帰国後は、大阪のインターナショナルスクールに通う。
日本の大学を卒業し、様々な職種に就き、エスプールロジスティクスに至る。

関連記事

【海外豆知識】「I had an accident」とはの画像

「I had an accident」とは

事故=Accidentです。”I had an accident”というと、「事故にあいました」と訳すと思います。しかし、これは微妙な訳です。「事故にあう」だけではありません。どういう意味なのか、また「事故にあう」を伝える正しい英語を是非。
【海外豆知識】「What is your hobby?」には少し注意の画像

「What is your hobby?」には少し注意

学校で「趣味はなんですか?」と聞くときに”What is your hobby?”と習うと思います。しかしこれは、少し誤った英語です。なぜ誤っているのか?正しくはどう訳すのか?をご説明いたします。
【海外豆知識】挨拶の使い分けの画像

挨拶の使い分け

Hello, hey, hiなど挨拶にはいろいろあります。挨拶の基本ではありますが、使い分けを習うことはあまりありません。アメリカではどう使い分けているのか、また日本では習わない挨拶とその返し方を書きました。ぜひ渡米した際はお役立てください。