【台湾豆知識】台湾の忘年会「尾牙」はレストランやホテルで賑やかに開催。大企業ならドーム貸切で、まるでコンサートのよう

台湾の「尾牙」(忘年会)

台湾出身のルルでございます。現在は海外出品支援を担当し、日本の商品を海外に売るため、企業様の海外進出を支援しています。
旧正月は台湾の一大行事です(旧正月は旧暦のお正月のことです。時期は1月中旬から2月中旬で毎年変動し、基本的には約1週間のお休みになります)。旧正月の休みに入る前に、台湾の企業は「尾牙」(ウェイヤー)を開催します。台湾の「尾牙」ではどんな行事があるでしょうか?ご紹介させていただきます。

「尾牙」の意味

台湾では忘年会のことを「尾牙」(ウェイヤー)と呼びます。一般的に旧正月の休みに入る前に開催します。また、旧正月休み明けに開催する宴会は「春酒」(シュンシュ/新年会)と言います。一般企業は「尾牙」か「春酒」を一つ選んで行います。
台湾の「尾牙」は日本の忘年会と同じく、その年の終わりに一年間頑張った社員たちを慰労します。宴会の場所はレストランやホテルです。みんなで食事しながら、ゲームや抽選会を行います。抽選会の賞品は色々あります。儲かっている企業の場合、最も良い賞は家電製品、車、海外旅行の招待、現金、株などが挙げられます。

大手企業の「尾牙」はまるでコンサートのようです

大手企業は社員が多いため、普段のレストランでは社員全員が入れないため、部署を分けて行う場合が多いです。社員全員を集めて、ドームや大型体育館で「尾牙」を開催する企業もあります。会場内に食事を用意して、芸能人、歌手、バンドなどを呼んで公演し、とても賑やかで、まるでコンサートのようです。

以上が台湾の「尾牙」の紹介となります。台湾や海外に興味を持っている方は、ぜひ引き続き、海外に関する面白い記事を読んでみてください。


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス

営業統括部 企画開発課
陳 
珏如(ちん かくじょ)
あだ名:Ruru(るる)


台湾出身で、台湾のガイド資格(日本語)を持っています。大学は日本語を専攻し、大学院は経営学を専攻していました。
2018年3月にエスプールロジスティクスに入社し、現在は越境ECの営業サポートを担当しています。
常に好奇心を持ち、新しいことを知ろうとして、勉強し続けています。

関連記事

【台湾豆知識】台湾の給料事情(前編)の画像

台湾の給料事情(前編)

台湾出身のルルでございます。私は日本に来る前に、台湾で八年間働きました。今は初めての海外での就職なので、日台企業の文化の差異を感じています。
皆様は海外で働いたことはありますか?海外では収入、ボーナス、税金はどのくらいかかるのでしょう?本コラムは台湾の給料事情について紹介いたします。
【台湾豆知識】台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)の画像

台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)

台湾出身で海外旅行が大好きなルルでございます。皆様は旅行が好きですか?台湾人は観光や旅行が好きで、海外旅行だけではなく、国内旅行も好きですよ。本コラムでは台湾人が好きな観光スポットを紹介させていただきます。
【台湾豆知識】台湾の小学生のお昼ごはんの画像

台湾の小学生のお昼ごはん

日本のお菓子が大好きなルルでございます。皆様は、小学校時代はどのように過ごしましたか?給食にはどのような思い出がありますか?
今日は台湾の小学生のお昼ごはんについて、ご紹介いたします。