【台湾豆知識】台湾の「除夕」(大晦日)の過ごし方|除夕/圍爐/年菜/年年有餘など

台湾のお正月(前篇)

台湾出身のルルでございます。海外の生活に憧れていたため、日本に引越し、就職しています。今は海外出品支援を担当し、日本の商品を海外へ出品し、企業様の海外進出を支援しています。
日本の正月は1月1日ですが、台湾では旧暦の正月を過ごします。台湾人にとって、旧正月は一年で一番大切な節句です。旧正月は約一週間の休みがあります。台湾の旧正月ではどんな料理を食べて、どんなことをするでしょうか?それでは説明させていただきます。

旧正月の前の準備

旧正月を迎えるために、台湾人は隅々まで大掃除します。台湾では一年間溜まったほこりを除去し、新年を迎える伝統があります。
またもう一つ理由があり、旧正月の時には親戚たちが家に遊びに来るので、綺麗に掃除しないとみっともないと思われるからです。

「除夕」(ツゥーシー/大晦日)の過ごし方

「除夕」は大晦日のことです。台湾人は大晦日に、「圍爐」(ウェイルー)を行います。「圍爐」とは家族が集まって団らんをして、みんなで晩ご飯を食べることです。日本の正月はおせち料理を食べますが、台湾の「圍爐」(ウェイルー)ではどんなものを食べるでしょう?
台湾のおせち料理は「年菜」(ネンサイ)と言います。普段食べている料理と似ていますが、いつもより豪華な上、必ず魚料理が出ます。それは「年年有餘」(ネンネンユウギョ)という伝統があるからです。「餘」は裕福で縁起が良い漢字とされており、「餘」と「魚」は同じ発音のため、毎年お金が残る・ゆとりのある生活ができるようにという願いを込めて、魚を食べる風習ができました。
ご飯の後、大人は子供たちにお年玉を配ります。そして家族で気軽なギャンブルをします。一番人気があるギャンブルはマージャンです。大人はマージャンし、子供たちはお年玉を使って、トランプやサイコロのギャンブルをします。

台湾,圍爐,旧正月,除夕,年菜

筆者の家族や親族が伯父宅に集まった今年の「圍爐」の際のお料理(年菜)

以上が台湾の大晦日の紹介になります。次回のコラムは旧正月の行事を紹介する予定です。台湾や海外文化に興味を持っている方は、お見逃しなく、ぜひお読みください。


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス

営業統括部 企画開発課
陳 
珏如(ちん かくじょ)
あだ名:Ruru(るる)


台湾出身で、台湾のガイド資格(日本語)を持っています。大学は日本語を専攻し、大学院は経営学を専攻していました。
2018年3月にエスプールロジスティクスに入社し、現在は越境ECの営業サポートを担当しています。
常に好奇心を持ち、新しいことを知ろうとして、勉強し続けています。

関連記事

【台湾豆知識】台湾の給料事情(前編)の画像

台湾の給料事情(前編)

台湾出身のルルでございます。私は日本に来る前に、台湾で八年間働きました。今は初めての海外での就職なので、日台企業の文化の差異を感じています。
皆様は海外で働いたことはありますか?海外では収入、ボーナス、税金はどのくらいかかるのでしょう?本コラムは台湾の給料事情について紹介いたします。
【台湾豆知識】台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)の画像

台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)

台湾出身で海外旅行が大好きなルルでございます。皆様は旅行が好きですか?台湾人は観光や旅行が好きで、海外旅行だけではなく、国内旅行も好きですよ。本コラムでは台湾人が好きな観光スポットを紹介させていただきます。
【台湾豆知識】台湾の小学生のお昼ごはんの画像

台湾の小学生のお昼ごはん

日本のお菓子が大好きなルルでございます。皆様は、小学校時代はどのように過ごしましたか?給食にはどのような思い出がありますか?
今日は台湾の小学生のお昼ごはんについて、ご紹介いたします。