【台湾豆知識】台湾の兵役の期間や給与は?逃れることもできるもの?

台湾の兵役について

皆さん、陳カク如でございます。
日本には軍隊がありませんが、他国は違います。台湾は小さいけれど、軍隊を持っており、徴兵制度もあります。今日は台湾の兵役について紹介いたします。

台湾の兵役制度

台湾は徴兵制度があり、法律では男子に兵役義務があります。18歳となった男子は徴兵適齢となり、正当な理由がない限り、兵役に行かなければなりません。進学している学生は卒業後に兵役に就きます。

兵役を逃れるために

病気の場合、兵役を免除することが可能です。主は重大な病気ですが、扁平足、精神的な病気、肥満(110kg以上)なども含まれています。
兵役に行く前に、まずは健康診断を受けます。兵役を逃れたい場合、薬を飲んで故意に体に異常を発生させ、兵役を避ける人がいます。
「代替役」(だいたいえき)を申請する選択肢もあります。「代替役」とは、兵役の代わりに、消防、警察署、役所などの政府機関で仕事をすることです。ただし、申請には条件があります。

兵役の期間、給与

昔の兵役は3年間でした。徐々に短くなり、1994年以降生まれの男子の場合、兵役の期間は4ヶ月です。兵役は男子の国民義務ですが、お給料は発生します。毎月の給料は約6,000元(21,000円≒大学新卒平均初任給額の1/4以下)です。

以上が台湾の兵役についての紹介となります。海外の制度は日本とだいぶ違いますね。海外に興味を持っている方は、たくさんの記事を読んでいただければと思います。


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス

営業統括部 企画開発課
陳 
珏如(ちん かくじょ)
あだ名:Ruru(るる)


台湾出身で、台湾のガイド資格(日本語)を持っています。大学は日本語を専攻し、大学院は経営学を専攻していました。
2018年3月にエスプールロジスティクスに入社し、現在は越境ECの営業サポートを担当しています。
常に好奇心を持ち、新しいことを知ろうとして、勉強し続けています。

関連記事

【台湾豆知識】台湾の給料事情(前編)の画像

台湾の給料事情(前編)

台湾出身のルルでございます。私は日本に来る前に、台湾で八年間働きました。今は初めての海外での就職なので、日台企業の文化の差異を感じています。
皆様は海外で働いたことはありますか?海外では収入、ボーナス、税金はどのくらいかかるのでしょう?本コラムは台湾の給料事情について紹介いたします。
【台湾豆知識】台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)の画像

台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)

台湾出身で海外旅行が大好きなルルでございます。皆様は旅行が好きですか?台湾人は観光や旅行が好きで、海外旅行だけではなく、国内旅行も好きですよ。本コラムでは台湾人が好きな観光スポットを紹介させていただきます。
【台湾豆知識】台湾の小学生のお昼ごはんの画像

台湾の小学生のお昼ごはん

日本のお菓子が大好きなルルでございます。皆様は、小学校時代はどのように過ごしましたか?給食にはどのような思い出がありますか?
今日は台湾の小学生のお昼ごはんについて、ご紹介いたします。