【台湾豆知識】台湾のfacebookについて|利用者数や使用比率、発信内容について

台湾の宣伝事情(3)

台湾出身のルルでございます。海外の生活に憧れていたため、日本に引越し、就職しました。今は海外出品支援を担当し、日本の商品を海外へ出品するために、企業様の海外進出を支援しています。
台湾人はどのようなメディアから情報を得るでしょうか?前回のコラムではインターネットを使う宣伝手段を紹介させていただきました。続きまして、本コラムではSNSの中でも台湾人がよく使うFacebookを利用する宣伝手段について紹介いたします。

台湾でよく使用されているSNS

台湾人がよく使うSNSのTOP3はFacebook、LINE、YouTubeです。また、若い人や女性はInstagramを頻繁に使用します。

Facebookについて

台湾の人口は2300万人ですが、統計結果によりますと、台湾ではFacebookの使用者数は1900万人に上ります。その中で、95%はスマホ経由でFacebookにログインします。
使用者の年齢層は25歳から 34歳までのサラリーマンが一番多いようです(約510万名)。第二位は35歳から 44歳までの中年世代です(約430万名)。第三位は18歳から 24歳までの若者です(約360万名)。若者がFacebookを使わなくなる理由は、自分の親がFacebookを使い始めたため、自分のページを見られたくないから、使用をやめるケースが多くあります。各年齢層の男性使用者数は女性使用者数よりやや多いようです。

個人だけではなく、店舗、ブランド、デパート、企業、大学などの機構も自社のFacebookファンページを持っています。各ファンページに掲載する内容はそれぞれ異なりますが、例えば、ブランドは新作や販促イベントの情報を載せます。レストランは美味しそうな料理の写真や新メニューを掲載します。大学は生徒募集の宣伝記事や入学試験の日程などを発表します。

以上が台湾人のFacebook使用事情の紹介となります。続きまして、次回のコラムではLINE、YouTubeの使い方について説明いたします。次回のコラムをお楽しみにお待ちください。


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス

営業統括部 企画開発課
陳 
珏如(ちん かくじょ)
あだ名:Ruru(るる)


台湾出身で、台湾のガイド資格(日本語)を持っています。大学は日本語を専攻し、大学院は経営学を専攻していました。
2018年3月にエスプールロジスティクスに入社し、現在は越境ECの営業サポートを担当しています。
常に好奇心を持ち、新しいことを知ろうとして、勉強し続けています。

関連記事

【台湾豆知識】台湾の給料事情(前編)の画像

台湾の給料事情(前編)

台湾出身のルルでございます。私は日本に来る前に、台湾で八年間働きました。今は初めての海外での就職なので、日台企業の文化の差異を感じています。
皆様は海外で働いたことはありますか?海外では収入、ボーナス、税金はどのくらいかかるのでしょう?本コラムは台湾の給料事情について紹介いたします。
【台湾豆知識】台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)の画像

台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)

台湾出身で海外旅行が大好きなルルでございます。皆様は旅行が好きですか?台湾人は観光や旅行が好きで、海外旅行だけではなく、国内旅行も好きですよ。本コラムでは台湾人が好きな観光スポットを紹介させていただきます。
【台湾豆知識】台湾の小学生のお昼ごはんの画像

台湾の小学生のお昼ごはん

日本のお菓子が大好きなルルでございます。皆様は、小学校時代はどのように過ごしましたか?給食にはどのような思い出がありますか?
今日は台湾の小学生のお昼ごはんについて、ご紹介いたします。