台湾人の公主病(姫様病気)の女性は大変!

台湾女性の「公主病」(ゴンジュービン/姫様病気)とは?

皆さんこんにちは、エスプールロジスティクスの陳カク如でございます。前回は台湾の「媽寶」(マーバウ=マザコン)について紹介させていただきました。「媽寶」は男性が多いです。今日は台湾女性の「公主病」(ゴンジュービン/姫様病気)についてお話ししたいと思います。

「公主病」(姫様病気)とは?

「公主病」とは、女性が自分のことをお姫様だと思って、周りが自分に合わせて当然だと思うことです。小さな頃から家庭内で可愛いがられ、お姫様として扱われることが原因で、いつの間にか性格がわがままになると言われています。

「公主病」女性の特徴

台湾の友人などから情報を集めた結果、以下のような傾向があるようです。
1:美人。美人だから、周りに ちやほやされ、わがままになるようです。
2:末っ子。家族で可愛いがられ過ぎて育つと「公主病」になりやすいです。
3、怒りっぽい。性格が自己中心的だから、自分の思い通りにならないと怒ります。
4、他人の親切を当たり前だと思う。やはり自己中心的だから、他人がやってくれることを感謝せずに当然と受け止めます。
5、デートの費用を払わない。お姫様はお金を払う必要はありません。お姫様がデートしてあげているのだから、むしろ男性は感謝しないといけないとさえ思っています。
6、男性は姫様に尽くすべき。カバンを持つ、飲食店でお箸やナプキンを取ってくる、エビの殻を剥く、全部男性の仕事だと思っているようです。

姫様と付き合う男性はどれほど大変か、ご想像できるでしょうか?台湾の女性と付き合う前には、その女性は「公主病」があるかどうかを慎重に確認したほうがいいかもしれませんね!


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス

経営統括本部 企画開発課
陳 
珏如(ちん かくじょ)
あだ名:Ruru(るる)


台湾出身で、台湾のガイド資格(日本語)を持っています。大学は日本語を専攻し、大学院は経営学を専攻していました。
2018年3月にエスプールロジスティクスに入社し、経営統括本部に配属され、
現在は越境ECの営業サポートを担当しています。
常に好奇心を持ち、新しいことを知ろうとして、勉強し続けています。

関連記事

【台湾豆知識】台湾の給料事情(前編)の画像

台湾の給料事情(前編)

台湾出身のルルでございます。私は日本に来る前に、台湾で八年間働きました。今は初めての海外での就職なので、日台企業の文化の差異を感じています。
皆様は海外で働いたことはありますか?海外では収入、ボーナス、税金はどのくらいかかるのでしょう?本コラムは台湾の給料事情について紹介いたします。
【台湾豆知識】台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)の画像

台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)

台湾出身で海外旅行が大好きなルルでございます。皆様は旅行が好きですか?台湾人は観光や旅行が好きで、海外旅行だけではなく、国内旅行も好きですよ。本コラムでは台湾人が好きな観光スポットを紹介させていただきます。
【台湾豆知識】台湾の小学生のお昼ごはんの画像

台湾の小学生のお昼ごはん

日本のお菓子が大好きなルルでございます。皆様は、小学校時代はどのように過ごしましたか?給食にはどのような思い出がありますか?
今日は台湾の小学生のお昼ごはんについて、ご紹介いたします。