【台湾豆知識】未婚化・晩婚化の進む台湾|結婚できない男性のプレッシャーとその解決策

外国人のお嫁さんをもらう台湾男性(前篇)

今年初めて日本の夏を体験するルルでございます。皆様には海外の友人がいますか?海外の結婚事情について、興味がありますか?
以前のコラムで台湾の結婚文化や台湾人の結婚率が低い理由を紹介いたしました。結婚したいけど、お嫁さんをもらえない台湾男性には最終手段があります。それは外国人のお嫁さんをもらうことです。一体どういうことでしょうか??

結婚しない=親不孝?

中国語には「不孝有三、無後為大」という言葉があります。親不孝な行為は三つあるという意味で、その中で最も不孝な行為は子孫を残さないことです。台湾人の結婚年齢になっている、或いは過ぎている未婚の方に対して、その親は結婚を催促してきます。息子にお見合いの手配や結婚相手の紹介をします。中華圏の考え方は男性には子孫を残す義務があります。そのため、いい年なのに結婚していない男性へ親はすごくプレッシャーをかけます。

外国人のお嫁さんをもらう

どうしても結婚できない男性は中国や東南アジアからお嫁さんをもらうこともあります。まずは結婚紹介会社が開催しているお見合い旅行に参加し、お嫁さんを探します。一回のお見合い旅行は約5~7日間、費用は約3~5万元(11~18.5万円)です。(国によって費用が違います)結婚が成立した場合、結婚紹介会社に払う料金は約25~40万元(92~150万円)です。料金は安くないけれども、子供に結婚させるために、結婚資金を出してくれる親もいます。

以上、外国人のお嫁さんをもらう台湾男性の紹介でした。次回のコラムは台湾で起こっている外国人配偶者に関する問題を説明したいと存じます。


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス

営業統括部 企画開発課
陳 
珏如(ちん かくじょ)
あだ名:Ruru(るる)


台湾出身で、台湾のガイド資格(日本語)を持っています。大学は日本語を専攻し、大学院は経営学を専攻していました。
2018年3月にエスプールロジスティクスに入社し、現在は越境ECの営業サポートを担当しています。
常に好奇心を持ち、新しいことを知ろうとして、勉強し続けています。

関連記事

【台湾豆知識】台湾の給料事情(前編)の画像

台湾の給料事情(前編)

台湾出身のルルでございます。私は日本に来る前に、台湾で八年間働きました。今は初めての海外での就職なので、日台企業の文化の差異を感じています。
皆様は海外で働いたことはありますか?海外では収入、ボーナス、税金はどのくらいかかるのでしょう?本コラムは台湾の給料事情について紹介いたします。
【台湾豆知識】台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)の画像

台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)

台湾出身で海外旅行が大好きなルルでございます。皆様は旅行が好きですか?台湾人は観光や旅行が好きで、海外旅行だけではなく、国内旅行も好きですよ。本コラムでは台湾人が好きな観光スポットを紹介させていただきます。
【台湾豆知識】台湾の小学生のお昼ごはんの画像

台湾の小学生のお昼ごはん

日本のお菓子が大好きなルルでございます。皆様は、小学校時代はどのように過ごしましたか?給食にはどのような思い出がありますか?
今日は台湾の小学生のお昼ごはんについて、ご紹介いたします。