【海外豆知識】大きい数字を言うときは省略?ネイティブはどういうの?

大きい数字の言い方

数字を数えるのはキライ、でもお金を数えるのは大好きなワタナベです。
ネイティブの方は、数字を言うときに省略するくせがあります。
是非知ってください。

どう省略するの?

最初は自分もちんぷんかんぷんでした。
123
は英語で“One hundred twenty three”です。
しかしネイティブはhundredを省いたりします。
ですので、会話では”One twenty three”と言います。
結構な頻度でこういった会話をします。
値段もこういう表現をします。

もっと大きい数字は?

例えば1200ドルを英訳すると“One thousand two hundred dollars”
と習ったと思います。
しかし、ネイティブは”Twelve hundred dollars”と言います。
100
12個あるので、そう表現しています。
1980
円だと”Nineteen hundred (and) eighty yen”ですが、
”Nineteen Eighty”と上下で分ける人もいます。
前半と後半にandを入れる人もいますが、無くても正解です。
年号も同様です。
1945
年だと“Nineteen forty five”2018年だと”Twenty eighteen”と言います。

発音にご注意

13と30”Thirteen”と“Thirty”ですが、アクセントが違います。
13
は後ろのTにアクセント、30は初めのTにアクセントを置くと伝わりやすくなるので、
そこを意識すると伝わりやすくなると思います。


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス
営業部 企画開発課
ワタナベ ケイ


大阪府出身。
父親の仕事の関係で、小学校年生の夏休みから渡米。
3年半コネチカット州に住み、その後引越し、年半ミシガン州に住む。
帰国後は、大阪のインターナショナルスクールに通う。
日本の大学を卒業し、様々な職種に就き、エスプールロジスティクスに至る。

関連記事

【海外豆知識】勘違い英語集の画像

勘違い英語集

日本語から英語に訳すときに学校で習ったことや、直訳でも現地の方からするとイラっとさせたり変に思われたりする言い回しがあります。学校では教えてくれない、そのいくつかをご紹介していきます
【海外豆知識】「What is your hobby?」には少し注意の画像

「What is your hobby?」には少し注意

学校で「趣味はなんですか?」と聞くときに”What is your hobby?”と習うと思います。しかしこれは、少し誤った英語です。なぜ誤っているのか?正しくはどう訳すのか?をご説明いたします。
【海外豆知識】「I had an accident」とはの画像

「I had an accident」とは

事故=Accidentです。”I had an accident”というと、「事故にあいました」と訳すと思います。しかし、これは微妙な訳です。「事故にあう」だけではありません。どういう意味なのか、また「事故にあう」を伝える正しい英語を是非。