【海外豆知識】レディファーストの文化が生まれたホントは怖い理由。夏にゾッとする話をおひとつ。

実は怖いレディファースト

欧米では主流

ホラー映画は暗い部屋でも平気、でもお化け屋敷は苦手なワタナベです。
エスカレーターを先に行かせたり、扉は相手が通るまで開けていたりするのをアメリカでは普段から見かけます。

それが男性のDNAに組み込まれているかのごとく自然に行います。
日本でやると、相手がやられ慣れていないのかビックリされることが多々あります。

本当は怖い文化だった

レディファーストが生まれたのは中世ヨーロッパ時代だと言われています。
「男性貴族がドアに入った瞬間に刺されないように、女性を先に部屋に入らせる」といった理由があります。

男の防衛のために女性の体が使われていたという何とも身勝手な話です。

今は変わりつつあるレディファースト

「レディファースト自体、女性を下に見ている男尊女卑だ!」と今アメリカなどで、
レディファーストを嫌う女性が少数ではありますが、出てきています。

「男性に手伝ってもらわないと何も出来ない女性」という考えから嫌っているようです。
相手を見極めて、是非使い分けてください。


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス
営業部 企画開発課
ワタナベ ケイ


大阪府出身。
父親の仕事の関係で、小学校年生の夏休みから渡米。
3年半コネチカット州に住み、その後引越し、年半ミシガン州に住む。
帰国後は、大阪のインターナショナルスクールに通う。
日本の大学を卒業し、様々な職種に就き、エスプールロジスティクスに至る。

関連記事

【海外豆知識】勘違い英語集の画像

勘違い英語集

日本語から英語に訳すときに学校で習ったことや、直訳でも現地の方からするとイラっとさせたり変に思われたりする言い回しがあります。学校では教えてくれない、そのいくつかをご紹介していきます
【海外豆知識】「What is your hobby?」には少し注意の画像

「What is your hobby?」には少し注意

学校で「趣味はなんですか?」と聞くときに”What is your hobby?”と習うと思います。しかしこれは、少し誤った英語です。なぜ誤っているのか?正しくはどう訳すのか?をご説明いたします。
【海外豆知識】「I had an accident」とはの画像

「I had an accident」とは

事故=Accidentです。”I had an accident”というと、「事故にあいました」と訳すと思います。しかし、これは微妙な訳です。「事故にあう」だけではありません。どういう意味なのか、また「事故にあう」を伝える正しい英語を是非。