台湾での、日本語の誤用と利用の仕方のご紹介

日本の商品に勘違いさせる台湾商品

皆さんこんにちは、エスプールロジスティクスの陳カク如でございます。

台湾は親日国として有名で、台湾で日本の商品が大人気です。しかしながら、日本語が分からない台湾人も大勢います。売上を上げるために、自社商品のパッケージに、カタカナやひらがなを混ぜて商品に高級感を与えようとします。日本語の意味が間違っていても、気にしません。日本の商品のように見えれば充分なのです。

日本語の利用方法

商品名に日本の地名などを入れます。例えば、抹茶の商品なら「京都」を、ミルクの商品なら「北海道」を入れます。でも、商品自体はまるごと台湾製で、日本とはまったく関係ありません。
あるいは、メーカー名に日本の名字を入れます。例えば、化粧品メーカーには○田(日本の名字)薬粧という会社があります。100%台湾メーカーです。このような日本語の利用の仕方をすれば、売上がよくなるそうです。

また、飲食店はお客様を引くために、店の看板に日本語を入れて、おいしそうなお店だなと消費者に感じさせます。ただ、日本語の誤用が多いです。
友達はある飲食店にの看板に
「いらっしゃいません」
と書いてあるのをみたそうです。
店主はおそらく、「いらっしゃいませ」と書きたかったのだと思います。日本語が分かる人には面白いと思います(笑)。

もし今度、台湾にいらっしゃったときは、面白い発見があるかもしれませんね!


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス

経営統括本部 企画開発課
陳 
珏如(ちん かくじょ)
あだ名:Ruru(るる)


台湾出身で、台湾のガイド資格(日本語)を持っています。大学は日本語を専攻し、大学院は経営学を専攻していました。
2018年3月にエスプールロジスティクスに入社し、経営統括本部に配属され、
現在は越境ECの営業サポートを担当しています。
常に好奇心を持ち、新しいことを知ろうとして、勉強し続けています。

関連記事

【台湾豆知識】台湾の給料事情(前編)の画像

台湾の給料事情(前編)

台湾出身のルルでございます。私は日本に来る前に、台湾で八年間働きました。今は初めての海外での就職なので、日台企業の文化の差異を感じています。
皆様は海外で働いたことはありますか?海外では収入、ボーナス、税金はどのくらいかかるのでしょう?本コラムは台湾の給料事情について紹介いたします。
【台湾豆知識】台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)の画像

台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)

台湾出身で海外旅行が大好きなルルでございます。皆様は旅行が好きですか?台湾人は観光や旅行が好きで、海外旅行だけではなく、国内旅行も好きですよ。本コラムでは台湾人が好きな観光スポットを紹介させていただきます。
【台湾豆知識】台湾の小学生のお昼ごはんの画像

台湾の小学生のお昼ごはん

日本のお菓子が大好きなルルでございます。皆様は、小学校時代はどのように過ごしましたか?給食にはどのような思い出がありますか?
今日は台湾の小学生のお昼ごはんについて、ご紹介いたします。