【台湾豆知識】台湾では、日本のミスタードーナツやブラックサンダー、ハローキティが大人気!

熱しやすく冷めやすい台湾人 (後篇)

皆さんこんにちは、エスプールロジスティクスの陳カク如でございます。前回のコラムでは、台湾で今まで流行したブームについて紹介させていただきました。今回は日本に関するブームを紹介いたします。

日本に関するブーム

日本の食品は台湾人の味覚に近いため、好かれています。食べ物もお菓子も食材も人気です。その中でも大ブームになったものが二つあります。

ミスタードーナツ
ミスタードーナツは2004年に台北で一号店を開設し、台湾でドーナツ・ブームを巻き起こしました。当時、一日1万個のドーナッツを売る記録があったほどです。店舗が大量に建設されるにつれ簡単に買えるものになり珍しくなくなったため、ブームはなくなりました。

ブラックサンダー 
台湾のセブン・イレブンで販売しているブラックサンダーは半年で300万個を売り上げました。台湾では品切れになり台湾国内で買えないため、日本に旅行に行く人はブラックサンダーを大量に買い、お土産として親友に贈るととても喜ばれました。現在では品切れ状態もなくなり、ブームはすっかり落ち着きました。

食べ物以外で個人的に一番記憶に残っているのは、マクドナルドで提供されていたハローキティグッズです。1999年に台湾のマクドナルドで販売しているハローキティのぬいぐるみが当時大ブームになりました。バリューセット注文することでハローキティのぬいぐるみを買うことができます(おまけで付いてくるわけではなく、ぬいぐるみが欲しい場合は別途購買する必要があります)。マクドナルドのマークが入ったハローキティを買うために、4時間以上並ぶことは普通でした。期間限定でしたが、販売総実績として1,200万個の売上記録を達成しました。

台湾人は珍しいものが好きで、入手困難なものほど欲しい傾向にあります。さて、次のブームは何でしょう?皆さまと一緒にこれからも注目していきたいです!


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス

経営統括本部 企画開発課
陳 
珏如(ちん かくじょ)
あだ名:Ruru(るる)


台湾出身で、台湾のガイド資格(日本語)を持っています。大学は日本語を専攻し、大学院は経営学を専攻していました。
2018年3月にエスプールロジスティクスに入社し、経営統括本部に配属され、
現在は越境ECの営業サポートを担当しています。
常に好奇心を持ち、新しいことを知ろうとして、勉強し続けています。

関連記事

【台湾豆知識】台湾の給料事情(前編)の画像

台湾の給料事情(前編)

台湾出身のルルでございます。私は日本に来る前に、台湾で八年間働きました。今は初めての海外での就職なので、日台企業の文化の差異を感じています。
皆様は海外で働いたことはありますか?海外では収入、ボーナス、税金はどのくらいかかるのでしょう?本コラムは台湾の給料事情について紹介いたします。
【台湾豆知識】台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)の画像

台湾人が好きな観光スポット(台湾国内)

台湾出身で海外旅行が大好きなルルでございます。皆様は旅行が好きですか?台湾人は観光や旅行が好きで、海外旅行だけではなく、国内旅行も好きですよ。本コラムでは台湾人が好きな観光スポットを紹介させていただきます。
【台湾豆知識】台湾の小学生のお昼ごはんの画像

台湾の小学生のお昼ごはん

日本のお菓子が大好きなルルでございます。皆様は、小学校時代はどのように過ごしましたか?給食にはどのような思い出がありますか?
今日は台湾の小学生のお昼ごはんについて、ご紹介いたします。