【海外豆知識】アメリカサイズのステーキでも、ドギーバッグが利用できれば安心

ドギーバッグとは?

よくアメリカのレストランに家族で食事に行きました。シーフードやステーキなど、いかにもアメリカンなお店が大好きです。しかし子供メニューを頼むほど幼くないので、大人と同じメニューを頼んでいましたが、やはりそこはアメリカンサイズ。私には量が多すぎて、よく残していました。
ただアメリカには「Doggy bag」というものがある。お店の店員さんにドギーバッグと頼むとフードパックに入れてくれます。それを持ち帰ることができるシステムです

ドギーバッグの由来

ドギーバッグとは「犬の容器」という意味ですが、その由来は残すのは悪いという思いから、「犬のために持って帰る」と建前で出来た言葉です。しかしあくまで人間が食べるものです。
日本では出来ないお店も多いですが、アメリカ由来のステーキハウスなど出来るところも少しずつ増えてはいるみたいですね。
本場のステーキハウスに行った際にはぜひ、そのアメリカンサイズの料理を堪能してください。また残したらドギーバッグで持って帰ってみてください。
ただ本当に犬やペットに与えるのはNGですので、誤解なきようお願いします。


執筆者プロフィール

株式会社エスプールロジスティクス
経営統括本部 企画開発課
ワタナベ ケイ


大阪府出身。
父親の仕事の関係で、小学校3年生の夏休みから渡米。
3年半コネチカット州に住み、その後引越し、年半ミシガン州に住む。
帰国後は、大阪のインターナショナルスクールに通う。
日本の大学を卒業し、様々な職種に就き、エスプールロジスティクスに至る。

関連記事

【海外豆知識】「I had an accident」とはの画像

「I had an accident」とは

事故=Accidentです。”I had an accident”というと、「事故にあいました」と訳すと思います。しかし、これは微妙な訳です。「事故にあう」だけではありません。どういう意味なのか、また「事故にあう」を伝える正しい英語を是非。
【海外豆知識】「What is your hobby?」には少し注意の画像

「What is your hobby?」には少し注意

学校で「趣味はなんですか?」と聞くときに”What is your hobby?”と習うと思います。しかしこれは、少し誤った英語です。なぜ誤っているのか?正しくはどう訳すのか?をご説明いたします。
【海外豆知識】挨拶の使い分けの画像

挨拶の使い分け

Hello, hey, hiなど挨拶にはいろいろあります。挨拶の基本ではありますが、使い分けを習うことはあまりありません。アメリカではどう使い分けているのか、また日本では習わない挨拶とその返し方を書きました。ぜひ渡米した際はお役立てください。